EPA体質度チェック採血

電話受付10:00~18:30

03-3225-1515

EPA体質度チェック採血

EPA体質か、アラキドン酸体質かを採血で調べます

長年の食生活が体質を作り出します。だから、「長寿の食事、短命の食事」を軽く考えてはいけません。できあがった体質の結果、健康で、長生きできるかどうかが決まるのです。
そして、その体質は、身体に蓄積した脂肪の種類で決まるのです。

もっと詳しく知りたい人はこちら

お腹の脂肪をつまんでみてください。その脂肪の中身は、あなたが長年の食生活で食べてきた脂肪の種類を反映します。オリーブ油をよく食べてきた人は、オリーブ油の主成分であるオレイン酸がたくさん入っています。牛、豚の脂(あぶら)をよく食べた人は、飽和脂肪酸(※1)がたくさん入っています。

食成分の脂のうち、人体に本格的な薬理作用を与えるものが、2つあります。それが、エイコサペンタエン酸(EPA)アラキドン酸です。EPA(青魚に多く含まれる)は善玉成分です。アラキドン酸(※2)は、まさに悪玉の脂で、血小板凝集作用を高めて(いわゆる血液ドロドロ)、心筋梗塞、脳梗塞の原因となります。また、炎症惹起物質でもあり、アトピー性皮膚炎などの○○炎や、ぜんそくなどを発症する体質の元となります。その悪玉のアラキドン酸の作用を抑えてくれるのが、EPAです。
ですから、あなたの身体の未来を予想し、健康管理計画を立てる上で、EPAとアラキドン酸が、どれくらいの割合で、身についているかは、重要なデータになるのです。

検査結果長年の食生活の結果、あなたの体質が決まります。欧米型食生活だとアラキドン酸体質になり、魚食が多い和食型体質だとEPA体質になります。
アラキドン酸体質になると心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンの発症率が高まります。

採血して、あなたの身についた脂肪の種類を分析し、EPA体質か、アラキドン酸体質かをチェックします。

※1:飽和脂肪酸:パルミチン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸など。冷えたら固まる特徴を持つ。ニキビ、吹き出物が多い体質の人は、飽和脂肪酸がたまっていることが多い。
※2:植物性脂肪のリノール酸が体内で変換されて、アラキドン酸になる。スーパーマーケットで売っているようなてんぷら油、ごま油、サラダ油、大豆油などの液体状の脂は、すべてリノール酸系である(シソ油、エゴマ油、アマニ油を除く)。

ご予約・お問い合わせ

料金;¥8,000(+消費税)。検査当日は、起床時から水、お茶以外は摂取しないでください。

採血を希望する人はこちらからメール送信してください

予約制となっております。お電話にてお問い合わせください。

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-7白川ビル2F

クリニック案内

四谷メディカルクリニック
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-7白川ビル2F
03-3225-1515
院長:風本真吾

略歴

平成元年 慶應義塾大学医学部卒業
2年間研修医を経て同医学部内科大学院へ
平成4年 四谷メディカルサロン(現四谷メディカルクリニック)開設
現在に至る